耐久性の高いフッ素

レンガの壁

住宅用の塗料に関しては国内の複数の大手メーカーがかなりのシェアを握っており、その商品の数はかなりの数があります。
またそれらの塗料はアクリル系やウレタン系、遮熱系といった種類があり、さらにそれぞれが水性塗料と油性塗料に分かれます。
このように複雑な商品の種類と系統があるため、それらを全部素人が把握するのは大変です。
そこで外壁塗装などのリフォーム工事の時は、業者に積極的に相談をすることが良い手段です。
外壁塗装を扱う業者は専門業者のことが多いため、塗装の種類について詳しく把握しており、こちらの質問に対しても的確に答えることができます。
低予算でエクステリアのリフォーム工事をしたいと聞けば、アクリル系を勧めたりと適切な塗料を相談によって知ることができます。

一般的に日本国内で流通している塗料の種類は大きく分けて6種類があります。
それはアクリルやウレタン、フッ素塗料などいろいろとありますが、これらの塗料を外壁塗装時にはうまく工夫して選ぶことで、塗装後に掛かる維持コストを下げることが出来ます。
例えば現在の塗料の中で、最も施工費用が安いのがアクリル系塗料ですが、アクリル系塗料は耐用年数が短いというデメリットがあり、その年数は一般に4年ほどです。
このため少し高くても長寿命の他のフッ素塗料などを工夫して選ぶ方が、施工後の維持コストは塗り直しが少なく済む分、トータルで安くなります。
遮熱系塗料も同様で、他の塗料よりも高めですが、冷暖房効率を上げる効果がこの塗料にはあるので、工夫して選ぶことで実は電気代を引きげてトータルのコストで安く付くことがあります。