業者の施工

古民家の外観

住宅における外壁は厳しい環境に常に晒されているため、傷みが早い場所です。
そのため外壁塗装による塗膜での住宅の保護が必要となってきます。
塗膜は風雨やカビなどを防いでくれますが、最近ではこれに防錆性能を併せ持つ塗料がトレンドな商品となっています。
防錆性能を持つ塗料は、錆止めペイントとも呼ばれており、主組成に亜酸化鉛や酸化鉛、シアナミド鉛などを使用しています。
これにより錆止め効果を得ていますが、中でも住宅用としてよく用いられている塗料が変性エポキシ樹脂塗料です。
エポキシ樹脂のキレート反応によって不動態皮膜を形成することで、錆を防いでくれます。
常に暴露環境にあるエクステリアの外壁塗装において優れた防錆性能を発揮するのがこれらの塗料であり、リフォーム工事でもトレンドな塗料の1つです。

住宅外壁の傷みが気になるようなら、リフォーム工事を行って外壁塗装をすることがベストです。
その際には業者に依頼をするのが一般的ですが、選べる業者は幅広くあります。
もしその住宅が建売や注文住宅ならば、建設した会社にリフォームを依頼することもできます。
自分たちが建てた住宅ですから勝手も知っており、施工の品質も期待できます。
また地元の工務店や大工に依頼をする手段もあります。
地元ならば相手の顔も見えていますし、塗料なども気候に合ったものを選んでもらえたりと、地元の業者ならではのメリットもあります。
さらに塗り替え専門店に依頼をするのも良い手段です。
いわゆる塗装業者と呼ばれる事業者で、塗装に関する専門知識と技術があるため、最適な対応をしてもらえます。