光触媒の塗装

グリーンカーテンが覆う建物

老朽化した建物の外壁を塗装し直してもらうリフォーム工事をする場合には、注意すべき事があります。
契約をする前に確認しておいた方が良いのは、塗装をする色の決定です。
色のサンプルが掲載された印刷物を見て色を決めるような場合には、実際に建物にその色の塗料を塗った場合に、予想していたものと、少し異なる色合いに感じられる場合もあります。
自分の理想通りの色を塗装してもらいたい場合には、実際の建物に塗った時の色合いを確認する必要があります。
そのためにはその塗料が使用されている建物の実物を確認する事が有益です。
時間が無い場合には、塗装がされている建物の写真を確認するだけでも、実際に塗った時のイメージが理解しやすくなります。

外壁塗装をする場合には、季節によって向いている時期とそうでない時期がある事は昔から言われてきました。
特に外壁塗装は冬場にするのが一番良いという事は広く知られてきました。
これは冬は気温が低く乾燥しているので、塗った塗料が延びにくくなることが理由でした。
ですが最近ではこうした事情も少し変化しています。
現在はより最適な状態の塗料が製造されているので、季節を問わず質の高い塗装が可能になっています。
そのために塗料を製造している会社では、塗料の性質を販売する時期の気温に合わせて若干調整して販売したりしています。
そのためにどこの業者に塗装を依頼したとしても、以前と比べるとより季節に関係なく質の高い塗装ができるようになっています。