整理している男性

外壁塗装では、安い種類の塗装としてアクリルの塗装があります。アクリル塗装は安さに加え、見た目も美しい塗装であるため、費用を出来るだけ抑えたいとする人に多く利用される塗装です。

耐久性が最も高い外壁塗装が、フッ素を使用した塗装です。フッ素の塗装は値段が高価である代わりに、耐久性が他の塗装よりも高く、数十年経っても塗装の塗替えを必要としないほどと言われています。

水性の塗装ですと、外壁塗装に使用すると臭いもなく、ほぼ無臭であるため、塗装の臭いが我慢できないという人に選ばれます。また、ツヤも長く保持されるため、家の塗装が美しい状態で残り続けるのです。

油性塗装は、臭いが多少ある代わりに、水性塗装に比べ耐久性が高いのが特徴です。また、塗装に含まれるセラミック粒子が表面についた汚れを落とすため、外壁塗装として使用するといつまでも美しい状態を保持できます。

外壁塗装として、多くの人から注目を集めているのが、光触媒の塗装です。酸化チタンを使用した塗装は、光に当たると活性酸素を発生させ、表面の汚れを分解してしまうため、汚れの付かない塗装となるのです。

外壁塗装を行う業者は、きちんと養生を行い、足場を組んで隅々まで塗装を行います。塗装を終えた後、周囲の塗装を清掃するほか、塗料のわずかなはみ出しや塗り残しなどを徹底して調べるため、仕上がりも完璧なものとなります。

塗装を行う理由

住宅には気付かない間に紫外線などのダメージが蓄積されています。外壁塗装を神戸市で依頼して、家の雰囲気を明るくしましょう。

様々な現場で活躍している札幌の塗装業者なら安心してお任せすることができますよ。一度検討してみてくださいね。

白い壁とレンガの壁

外壁塗装を行うメリットとして、家の耐久性を高められるという点が挙げられます。
外壁塗装は、家の見た目を良くするだけではなく、建材の状態をより良い状態に保つ為に行うという側面もあります。
通常、塗装を行った場合、多くが7年から8年ほどで劣化してしまうとされております。
劣化した塗装は、あちこちにひび割れや剥落を生じさせるため、見た目としても悪いものとなってしまいます。
しかし、塗装の劣化はそれだけにとどまらず、家を腐食させる原因である水分をも通してしまいます。
雨が降ることによって、たくさんの水がコンクリートから内部の鉄筋や木材に染みこんでしまうのです。
コンクリートは、何の塗装も行っていない状態ですと、水分を内部に染み込ませてしまいます。
水分が染み込んでしまった場合、コンクリート内部の鉄筋が腐食してしまうため、耐久性を大きく欠いてしまうことになります。
さらに、コンクリートが水分を多く溜め込んでしまうことで、建物内部の木材にまで腐食が及んでしまうため、建物全体の耐久性が下がってしまう恐れがあるのです。
他にも、塗装の劣化が原因で表面に苔やカビが生える事もあるため、見た目が非常に悪くなる事もあるので、注意が必要なのです。

こうした外壁塗装の劣化には、塗装を行う業者に塗りなおしてもらう必要があります。
業者は、足場を組んで家の隅々まで丁寧に塗装を行うため、水による腐食などを防ぐことができます。
塗装によって家の周囲を汚されるのでは、と考えているため、業者に依頼することをためらっている人もいるでしょう。
しかし、業者はきちんと養生をおこない、吹付け塗装を使用しないため、塗料が飛んで車などを汚す事もありません。そのため安心して任せることができるでしょう。

建物が経年劣化で見栄えが悪くなってきたので外壁塗装を業者に依頼したい方必見です!全国の皆さまの体験談や口コミが満載ですよ!